Loading
戦略MG

戦略MG

会計とは経営のルールです。何事もルールを分かっていなければ、望む結果はでません。中小企業の経営者の何%の方が決算書(貸借対照表・損益計算書・キャッシュ•フロー計算書)が分かって、そのうちの何%の方が戦略的な事業計画及び経営計画が作れているでしょうか?会社の経営計画には社長とその家族だけでなく、全社員とその家族の幸せな未来像を社長自らが描かなければいけません。つまり事業の大小にかかわらず経営者が会計スキルを身につけ、戦略的な経営計画が作れなければ持続可能な経営は望めません。

会社の発展と衰退がリアルに見えてくる!

この研修では、参加者ひとりひとりが製造から販売まで一貫して行う会社の経営者となって、資金調達、設備投資、人員採用、宣伝広告、研究開発、リスクマネジメントなど様々な意思決定を行い、わずか1日で3年分の経営を現実さながらに体感することができます。数字が苦手でも、決算書がわからないくても、ゲームを楽しみながら経営感覚やコスト感覚が養われ、現金出納帳の現金残高を意識しながらゲームを進めていくことでキャッシュ•フロー感覚が自然と身につき、『儲かる仕組みや戦略的な思考と行動』を体感していただくことで、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キェッシュ•フロー計算書(C/F)を理解し活用することで自ら経営計画が立てられるようになります!

たかがゲームと侮れない驚異的な効果!

たった1日間の研修で経営者としての、また経営幹部としての『戦略会計スキル』が劇的に進化します!

社員研修として1万社以上に導入され、500万人以上が受講、全国1000校以上の学校で授業として取り入れられ、教育者や大手企業経営者から最高の教育研修ツールとして絶賛される、経営シミュレーションゲーム!【戦略MG(マネジメントゲーム)】

日本一の講師が登壇

2018年8月に日本大学商学部で開催された戦略MG日本一決定戦!通称【 MG-1 】で全国から集まった100名を超える強豪の中で優勝し最優秀経営者賞を受賞した德永哲也が講師を務めます。自らも数社を起業し役員を務める傍で戦略MG研修を開催、月間10会場80名以上が参加。

戦略MGとは

昭和51年に開発された経営シミュレーションゲームです。既に1万社以上の企業で社員研修として導入されたり、1000校以上の学校で授業として取り入れられている人気の研修です。企業経営の概略や利益構造、コスト構造を学び、戦略的で活きた会計学をゲームを通して楽しみながら身につけることができる最高の教育研修ツールです。

1卓が1つの市場で4名〜6名の参加者全員が製造から販売までを一貫して行う製造業の経営者として1日間で3年分の経営を行います。参加者はまず資本金を元手に創業し、材料購入、設備投資、人材採用、広告宣伝、商品販売などといった意思決定やトラブルなどの問題解決を行い経営していきます。

各自意思決定により、現実の経営と同様に売上や利益は大きく変わります。

決算を繰り返す中、黒字経営に成功して経常利益を生み、法人税や株主配当を支払うことになる経営者もいれば、赤字経営に陥り、資金ショートして倒産の危機を経験する経営者もいます。

それもすべて経営者自身の意思決定によるものです。

戦略MG研修で経営を疑似体験することによって、先見力を養い現実の経営でも現状を立て直したり、利益を出すためには、どう考えどう行動すべきか、より卓越された意思決定ができるようになります。

参加対象

  • 経営者および経営幹部の方
  • 後継者の方
  • 起業を考えている方
  • 意欲的な社員の方
  • コンサルタントの方
  • 士業の方
  • 経営や会計を学んでいる、また興味のある学生の方

数字が苦手な方、決算報告書がわからない方、大歓迎です。この研修で『戦略会計』と『的確な意思決定』のスキルが劇的に進化します。

体感し議論することで得られる学び

「稼ぐ力」を高め、会社も人財も成長に導くためのトレーニングツール

戦略MGは、一方的に受講者に知識を伝達する従来の講義スタイルとは異なり、参加者ひとりひとりがゲーム形式で会社を起業し経営し、経営活動のさまざまな意思決定を実践していく能動的学習(アクティブ・ラーニング)です。

経営を疑似体験(シミュレーション)し、ゲーム参加者と経営成績を競いながら楽しんで、経営戦略思考と実務に役立つ会計思考を学ぶことができます。

戦略MGマネジメントゲームは「人生ゲームの経営者版」として、自由・自立の精神を身につけ「自ら考え行動する人財」づくりの強力な研修ツールです。

  1. すべての意思決定を一人でする一人経営=モチベーション(人財活性化)
  2. 研修用ツール(ゲーム盤やチップ、帳票など)を使う=クリエーション(創造性開発)
  3. 結果を自分で出す=決算をする=パフォーマンス(利益思考)

企業経営の3つのポイントを理解する

改善点が一目瞭然!『戦略会計STRAC』

講座の風景

 

PAGE TOP